投資家の種類

株式投資の基礎知識&情報サイト

投資家の種類

投資家は大きく分けて3種類あります。個人投資家・機関投資家・外国人投資家があります。

私の場合は個人投資家になり、個人投資家は、小口の売買からそれを本職にしているプロの方もいます。

機関投資家は、事業の一環として株式投資を行う企業・組織の事を言います。

機関投資家の取引は株式市場の半分程度をしめて多額の資金を動かすので相場に大きな影響を与えます。

外国人投資家は、国外の資金で日本の企業の株を売買するのですが、ほとんどが国外企業による機関投資家です。

機関投資家と外国人投資家の影響力

機関投資家・外国人投資家の資金は、株価にかなりの影響を及ぼします。

この投資家達はプロの投資家です、豊富な資金・情報等に基づき売買をします。

株で利益を出すことが仕事ですので、株価の材料に敏感に反応します。急に出来高が出来たり、値上がりした株価には気を付けて参戦しましょう、痛い目に合う前に・・・・。

外国人投資家が買った株は、外国人投資家の資金が国外から入るので、日本企業の株が国外に買われることにより株式相場は値上がりします。外国人投資家は、為替相場にも連動し、株価は同じでも円高に成れば為替差益を得られるので、持ち株を売る可能性があります。

逆に円安なら買い注文が増えて株価が上がる事もあります。外国人投資家の動向にも注意する事も大切です。

会社四季報などには、各銘柄の株主欄に外国人の構成比率が掲載されていますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.