ストキャスティックスの意味とシグナル

株式投資の基礎知識&情報サイト

ストキャスティックスの意味とシグナル

ストキャスティックスというのは、RSI同様に「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断するテクニカル分析です。
もともと「確率」「推計」という意味で、分類としてはオシレーター系です。

計算式
%K算出方法

     C-Ln
%K= ×100
     Hn-Ln

%D算出方法

       Tm
%D= ×100
       Mm

C:終値
Hn:n日間の最高値
Ln:n日間の最安値
Tm:(C-Ln)のm日間合計
Mm:(Hn-Ln)のm日間合計

%Kと%Dと呼ばれる2本のラインを用いて、0〜100%までの間で上下する%Kと%Dが70%以上が買われすぎ、30%以下が売られすぎと単純に判断できます。

しかし、%Kと%Dの関係が重要であるので70%以上では売り、30%以下は買いというような表面的な数値での判断だけではなく、@%Kが先に方向転換して%Dとクロスした場合A%Dが%Kに遅行して方向転換し、%Kとクロスした場合を売買サインとします。

@とAではAの方がサインとしての信頼性があります。

%Kと%Dのクロスによるシグナルは1回目はダマシが多く、3回繰り返すと信頼度がアップすると考えられています。

つまり、70%以上で%Kと%Dが3回クロスをすると、売りのサイン!30%以下で%Kと%Dが3回クロスをすると、買いのサイン!と判断するということです。

しかし2回クロスをして、判断することも多いと思います。


ストキャスティックス 実際のチャート

ストキャスティックス

当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.