酒田五法の意味とシグナル

株式投資の基礎知識&情報サイト

酒田五法の意味とシグナル

酒田五法には、三山・三川・三空・三兵・三法があり、相場のパターンが大きく5パターンで説明しています。

三山とは、上値を三度挑戦して上昇できなかったことで、上昇相場の終わりを意味し、典型的な相場の天井を表すパターンです。アメリカでは、トリプルトップと呼ばれています。

三山の中で、最もわかりやすいのは三尊天井型という形で、アメリカでは、ヘッド・アンド・ショルダーと呼ばれ天井形成の典型的なパターンにあげられています。

三尊天井型


もちろん真ん中の山が最も高いのが理想的ですが、そうでなくとも三山は天井付近で現れるパターンです。

逆三尊は、三尊天井型の逆で底を表す線です。アメリカでは、トリプルボトムと呼ばれ三山とは逆に底値形成が終わり、非常に強い上昇転換パターンとなります。

逆三尊


三川とは、一般的に三本の線から相場の転換期をとらえるパターンです。
売りとしては「三川宵の明星」、「三川上放れ二羽烏」「三川宵の十字星」、買いとしては「三川明けの明星」「変形三川底」などがあります。



三空は、空(窓とも呼ばれています)が三回続くと、上げ下げ相場共に転換のパターンとされています。
三空踏み上げには売り!三空たたき込みには買い!といわれています。


三兵とは、陽線または陰線が三本平行して同じ方向に向かっている場合で、転換期をとらえるパターンです。

陽線が三本平行した、赤三兵が最も典型的な上げ相場の前兆として見られます。
しかし「赤三兵先詰まり」「赤三兵思案星」の形は、下降への転換パターンとなります。

陰線三本が平行しているのは黒三兵ですが、これは下降への転換パターンです。
黒三兵の中でも特に弱いとされているパターンが「坊主三羽」「同事三羽」です、特に気を付ける必要があるでしょう。

三法とは、売る・買う・休むという相場がこれからどうなるのか?を判断するパターンです。

三法は「上げ三法」は買い「下げ三法」は売り「上放れ・下放れ三法」は休むにわかれています。

上げ三法は、大陽線のあと三本の陽線・陰線による、はらみ線がでて、その後再び大陽線となったときのパターンです。
下げ三法は、上げ三法の逆のパターンとなります。


当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.