ローソク足の2本の組み合わせによるシグナル

株式投資の基礎知識&情報サイト

ローソク足の意味とシグナル

前に言ったとおり1つのローソク足だけでは、株の変動を読む事は難しいです。

そこで基本的な2本のローソク足での上昇・下落のパーターンを紹介します。

統計的な事で、必ずしもということではありません、参考迄に覚えておきましょう。

ローソク足2本の組み合わせによるシグナル

上昇への転換期に起こるパターン!

ローソク足 小陰線を大陽線が包む ローソク足 前日の大陽線に
当日の小陰線が包まれる
ローソク足 大陰線を大陽線が切り込み、大陰線の中心以上に買われた時 ローソク足 安値が前日と同じ程度で
引けにかけて買われた時
陰線でも陽線でも同じ。
ローソク足 大陰線を下影陽線が切り込み、大陰線の中心以上に買われた時
下影陰線でも同じ。
ローソク足 大陰線の次に同時足(十字線)が出た時
十字線は転換期!

下落への転換期に起こるパターン!

ローソク足 小陽線を大陰線が包む ローソク足 前日の大陰線に
当日の小陽線が包まれる
ローソク足 大陽線を大陰線が切り込み、大陽線の中心以上に売られた時 ローソク足 高値が前日と同じ程度で
引けにかけて売られた時
陰線でも陽線でも同じ。
ローソク足 大陽線を上影陰線が切り込み、大陽線の中心以上に売られた時
上影陽線でも同じ。
ローソク足 大陽線の次に同時足(十字線)が出た時
十字線は転換期!

当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.