PBRとは何か?

株式投資の基礎知識&情報サイト

PBRとは?

PBRとは?

株価純資産倍率のこと。PBRは経営基盤となる資本金などの株主本を基準にして、株価の割高or割安かを測る数値です。

純資産とは、すべての負債を支払ったあとに残った資産の事を言います。

PBRが高い会社は基本的に成長率が高い会社でPBRが低い会社は成長率が乏しい会社と判断することが出来ます。

しかしあまりにも高すぎると問題が起きた時は、株価が大幅に下がる恐れが多い会社ということです。
逆にPBRが低い会社が、成長率が回復すると株価が大幅に上がる場合もあります。

株価は会社の一株当たりの解散価値を下回ることはない、つまりPBRが1.0倍を下回ることは基本的にはないはずです。

しかし個別銘柄で見てみると1.0倍を割れてもなお下げ止まらない場合があります。

その場合、保証債務を抱えていたり有価証券や不動産などで多額の含み損を抱えているなどが考えられます。

保証債務とは、本当の債務者が返済をできなくなったときに保証人が代わりに返済する契約をしている債務のこと。

ですから、保証人となっている会社にとっては確定した債務ではなく潜在的な借金なわけです。保証債務は、有価証券報告書の注記事項であり、貸借対照表(B/S) には載っていませんので、PBRには反映されません。

また貸借対照表(B/S)に載っている資産は、取得価格で表示されているため、現在の価値(時価)よりも高く、多額の含み損を抱えている場合には、PBRが1.0倍を割れても下げ止まらないこともあります。

Yahoo!ファイナンス >>> 高PBR  >>> 低PBR

当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.