MACDの意味とシグナル

株式投資の基礎知識&情報サイト

MACDの意味とシグナル

MACD(マック・ディー)は、簡単に説明すれば「2本の移動平均線の乖離線」を表しています。
トレンド系とオシレーター系両方の特性をもったテクニカル指標です。

MACDで使用される移動平均線は、一般的な「単純移動平均線」ではなく「平滑移動平均線」を使用しています。

平滑移動平均線とは、単純移動平均線よりも「滑らかな曲線」だと考えてください。
なぜ 滑らかな曲線で描くことかというと、ダマシを少なくすることができるからです。

売買判断としては、MACDがシグナルを下から上へ抜いたときに買い、逆に上から下へ抜いたとに売りと判断します。

さらにゼロラインが重要な役割を果たしています。

MACDがシグナルを下から上へ抜いた後に、MACDとシグナル共にゼロラインを上回れば、より上昇への信頼性があがるとされています。

逆に上から下へ抜いた後に、MACDとシグナル共にゼロラインを下回れば、より下降への信頼性があがるとされています。

MACDはトレンド転換をつかむために、とても有効な指標といてるでしょう。

MACD 実際のチャート

MACD

当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.