キャッシュフロー計算書の説明

株式投資の基礎知識&情報サイト

キャッシュフロー計算書の簡単な説明

キャッシュフロー計算書とは?

決算書とは何か?で説明したように簡単に言うと、会社のお金の出入りを、3つの区分「営業活動に関係するお金」・「投資に関係するお金」・「財務活動(借金等)するお金」に分けて、その増減がわかる表の事です。

会社にどのくらいのお金があるのかわかります。


営業活動によるキャッシュフローとは

本業でどのくらいお金を稼いで、どれだけの費用が掛かったかがわかります。


投資活動によるキャッシュフローとは

事業に必要な資金!主に固定資産の取得・売却等がわかります。


財務活動によるキャッシュフローとは

資金の調達・返済!主に借入金や配当金等がわかります。



キャッシュフロー計算書
(営業活動によるキャッシュフロー)
経常利益 10,000
法人税等の支払 -4,500
金利支払 -1,000
小計 4,500
(投資活動によるキャッシュフロー)
機械設備 -4,000
小計 -4,000
(財務活動によるキャッシュフロー)
借入金入金 3,500
借入金返済 -2,500
配当金支払 -500
小計 500
キャッシュフロー増減 1,000
期首現金預金残高 9,000
期末現金預金残高 10,000

当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.