為替相場が株価に影響する

株式投資の基礎知識&情報サイト

為替相場が株価に影響する

為替相場とは、日本通貨 円 と外国通貨との交換比率の事です。

テレビ等でUSドルやユーロ等を良く聞くと思いますが、特にUSドルとの相場は日本経済に重大な影響を与えます。

為替相場の変動により企業の業績は一気に逆転する可能性もあります。

為替相場の変動は、輸入・輸出企業で正反対の影響があり、円高になると輸入、円安になると輸出が儲けます。


なぜ為替相場がと思う方もいると思いますが下に例を書きます。

海外から輸入する会社 A会社

海外に輸出する会社  B会社

それぞれ100億円の取引をしたと仮定して考えて見ます。

為替相場の変動 1ドル100円で取引を考えます。その時A会社・B会社とも5億の利益が出る予定でした。

その後1ドル110円に成り10円の円安に変動すると、A会社は1億ドル分輸入する予定でしたが、約9千100万ドルしか輸入出来ません。そうすると不足する900万ドル分は、利益を上回る9億9千万円になり赤字に成ります。

B会社は1億ドル分輸出する予定でしたが、1億1千万ドルに成り利益が16億円に成ります。このような事で企業は利益が出るか出ないかが変わって来るのです。

その他、為替相場は外国人投資家の動向を左右しますので、為替相場もある程度加味して株式投資をしましょう。



外国為替のことなら >>> FX-info 外国為替証拠金取引

当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.