株監理ポストと整理ポスト

株式投資の基礎知識&情報サイト

株の監理ポストとは?

株式上場会社が上場廃止基準に該当するおそれがある場合に、取引所はその会社を監理ポストに移します。

そうする事により、投資家にこの会社は危険だと告知しているのです。

監理ポストでも売買は行います。

改善されれば通常の取引に戻され、上場廃止が決定した場合「整理ポスト」 に移されるのです。

しかしなぜそのような会社の株が売買されるのか?

監理ポストから通常の取引に戻る事により、株価が上昇する事を願って買う方、短期の売買で利益を出そうとする方が売買をするからです!

株の整理ポストとは?

上場廃止基準に該当として上場廃止を決定した場合には、取引所はその会社を整理ポストに移しします。

原則として3ヶ月間(債券については1ヶ月間)売買をした後に上場廃止をします。

上場廃止が決定してもなぜ売買が行われるか?

ほとんどがマネーゲーム 短期での売買差益を狙ってる方が売買するからです! 

私はしませんが・・・
そのような株を買う時は、投資では無く投機(ギャンブル)です!

整理ポストの株を売買する時は、特に気を付けて売買して下さい。

当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.