株式投資の注文方法と取引時間

株の基礎知識&情報サイト

株式投資の注文方法

株式投資には株を売買する時に基本的に成行注文と指値注文があります。

成行注文とは値段はいいから、とにかく買いたい・売りたいという注文方法で、私の場合は株の気配をみてから売りたい・買いたい株の株数がどれくらいあるのかを、判断してから成行で注文する事があります。

成行注文の場合は、素早く確実に売買したい時に売買できますが、売り買い共に少ない株などの場合は、想定以上の価格で売買することがありますので注意する必要があると思います。

指値注文とは○円で○株数、買いたい・売りたいという注文方法で、自分の売買したい価格以外では売買しないという注文方法です。

指値注文の場合は、確実に自分の決めた価格でしか売買しませんので、これぐらいだったら売買しとけば良かったと思うことやデイトレなどの短期取引の場合はタイミングを逃すことがあるのではないでしょうか?

証券会社によっては成行注文と指値注文の手数料が違う場合がありますので、確かめてからうまく注文方法を使い分けてください。

証券取引所の取引時間

土日と祝祭日は除く月曜から金曜に株は取引されます。

東証・マザーズ・店頭市場は 9時〜11時(前場) 12時30分〜15時(後場)

大証・ヘラクレスは 9時〜11時(前場) 12時30分〜15時10分(後場)

上記の様に決まっていますが、注文するのは基本的に何時でもよいネット証券会社が多いと思います。

当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.