株式投資とは何か?

基礎知識&情報サイト

株式投資とは何か?株式ガイド

株式投資は、預貯金・保険と同じ金融商品の一つです。

預貯金は現金を預けて利子を貰う。

保険は生命や危機に備える補償を得る。

株式投資は、株を売買して配当・差益を得る商品です。

本来は、株主として企業に出資して資本家として企業経営に参加し、企業を大きくして利益を得ることなのでしょうが。

今現在ほとんどの人が差益を得ることが株式投資の目的としていると思います。

なぜ株の売買で差益を得ることができるのか?

それは株を時価で取引するからです。時価なので10万円で買って20万円で売れば良い、ただそれだけなのです。

しかしみんなが儲かり続ける事は出来ません、10万円で買って5万円で売る人も沢山おられます。

だから勉強(努力)が必要なのです皆さんも成功出来るよう頑張りましょう。

株式投資の株とは?

株は企業が資金調達をするために発行する有価証券をいいます。

企業が経営していく為には多くの資金が必要ですが、調達することは簡単ではありません。

そこで株券を発行して投資家から資金を集めるわけです。株式の値段は、需給と供給のバランスによって決まります。

株を買いたい人がたくさんいれば価格は上がるし、反対に売りたい人が多ければ下がるというわけです。

需要>供給 ・買いたい人が多い株=企業の将来性や成長性が期待!

需要<供給 ・売りたい人が多い株=企業の将来性や成長性が乏しい

と言う事に成ります。

株式市場は色々ある

日本には東京・大阪・名古屋・福岡・札幌の5ヵ所の証券取引所があり、そのうち東京・大阪・名古屋には第1部と第2部があります。

また、ベンチャー企業向け市場として、東京証券取引所の「マザーズ」と大阪証券取引所の「ヘラクレス」などがあります。

当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.