移動平均線の意味とシグナル

株式投資の基礎知識&情報サイト

移動平均線の意味とシグナル

チャートを見ると、ローソク足に意外に2本の曲線が描かれている。

これを「移動平均線」と言います。

過去の一定期間の終値の平均値を表したもので、平均を期間は色々とありますが、日足チャートでは、5日・25日線、週足チャートでは、13週・26週線、月足チャートでは、12ヶ月・24ヶ月線が使われることが多いです。

移動平均線は、期間の長いものと短いものを組み合わせて株価の動向を見抜く事が出来る。基本は、短期線が長期線を下から抜けるときは株価が上昇する兆しで、買いのポイントをゴールデンクロス言います。

逆に、短期線が長期線を上から抜けるときは株価の下落する兆しで、売りのポイントをデッドクロスと言います。

チャート分析の基本ですので、ある程度移動平均線を考慮して株の売買のポイントを見極めて下さい。


実際のチャートで移動平均線を説明!週足チャート

移動平均線

当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.