エンベロープの意味とシグナル

株式投資の基礎知識&情報サイト

エンベロープの意味とシグナル

エンベロープというのは、移動平均線より任意の乖離率で、上下に離して数本の線を記入したものです。

支持・抵抗の目安や値動きの中心線として使用します。

計算式
N日間の移動平均線に、その時点の±N%の幅で線を記入します。
N日は大体25日の移動平均を基準に上下に2本ずつ5%幅で記入させるのが一般的だと思います。

売買判断として、支持・抵抗の目安とする場合には、エンベロープの下限(-10.0%ライン)で「買い」、エンベロープ上限(+10.0%のライン)で「売り」とするなど、逆張りのサインとして使用します。

値動きの幅により、下限・上限を5%ラインや2.5%ラインなどで判断するとよいでしょう。

値動きの中心線として使用する場合には、上昇トレンドの時は、+5%ラインや+2.5%ラインが中心線となりますが、下降トレンドの時は、-5%ライン、-2.5%ラインなどが中心線として判断する場合もあります。

エンベロープ 実際のチャート

エンベロープ

当サイトは内容の正確性・安全性を保証するサービスではありません。
Copyright (C) 株式投資 基礎株 , All rights reserved.